何故安全な性生活が必要か


夫婦

性病検査キット 即日

性病検査キットで即日配送に対応しているのは宅配ドクターです。

土日・祝日を除けば、16:30までの注文は即日出荷するようです。

性病検査キット 販売

病院の検査だと、待ち時間が長い他、検査の日と検査結果の通知の日と2回足を運ばないといけませんが、検査キットだと時間や場所を選びません。

妊娠と性感染症

性的感染を感染させられた妊娠は出産や子供に影響を与える。

性感染症(STD)は感染したパートナーと性器、口腔、または肛門性交により感染する細菌性またはウイルス性疾患を指します。

性感染症は、妊婦と赤ちゃんのための深刻な影響を健康へ与えます。

セックスは、これらの感染症以外にB型肝炎ウイルスに感染する可能性も有ります。

汚染された注射針や他の鋭利な器具、感染者の血液や皮膚潰瘍との接触、歯ブラシやカミソリのような家庭用品を共有することでも感染します。

いくつかの感染症は、胎盤を通じて赤ちゃんに母子感染させる、新生児感染症は、非常に深刻であることがあり長期的、不可逆的な健康問題を起こします。

一部の性感染症は、流産早産、子宮感染、および死産を招きます。

一般的な性感染症には、クラミジア、性器ヘルペス、淋病、B型肝炎、HIV /エイズ、HPV、梅毒、トリコモナス症があります。

性感染症の検査

検査は妊娠中の性感染症を検出し、処理するために非常に重要で、産婦人科の医師は初診でこれらの感染症の多くを検査します。

例えば、過去に病歴があるか、あなたやあなたの配偶者が複数のセックスパートナーを持っているか、これまでの性感染症について聞く場合がります。

リスクが高い場合は、あなたやあなたのパートナーが性感染症の症状を有している場合、妊娠後​​期、または再検査をする場合があります。

妊婦がHIV、HBV、梅毒、クラミジアの検査をすることが望まれ、なぜなら、リスクの高くない方でも、いくつかの性感染症は、症状のない潜伏期間があり、あなたやあなたのパートナーが知らないうちに感染している可能があるからです。

危険因子を有する場合に女性が、淋病およびC型肝炎についても検査をすると良いとされます。

妊娠中に、STDにさらされたり、パートナーに異常な症状がある場合は、再検査することができるようにすると良いでしょう。

STDを持っている場合は、リスクおよび治療の選択肢について慎重に選択する必要があります。

性感染症検査

STDの予防

STDを避けるための唯一の確実な方法は、完全に(膣、口、そして肛門性交を含む)セックスを控えること、若しくは健康証明書を持っているパートナーとのセックスをすることです。

そのような状況でない場合は、一夫一婦制であると信じるのパートナーを含め、STDの症状を持っている人とセックスしてはいけません。

あなたのパートナーが他の人とセックス関係にある場合やHIVの薬を使用して疑いがある場合は、セックスやオーラルセックスをするたびに、コンドームを使用してください。

コンドームは、避妊以外にも性感染症の伝播のリスクを減らすことができます。

未治療の性病がある場合は、HIVのように、他者への感染リスクを高める可能性があることに注意してください。

いくつかの例外を除いて、性病の治療を受けているのなら、パートナーも治療する必要があり、治療が完了し、無症状になるまでがセックスをしてはいけません。

B型肝炎のキャリアである場合、B型肝炎ワクチンの予防接種を受け、妊娠中に取得しても安全です。

出産した後は、26歳以下なら、HPV、子宮頸がんを引き起こす可能性があり、ウイルスの4株に対して予防接種を受けると良いでしょう。

妊娠中の性感染症治療

しかるべき検査で病気を特定した後は治療がなされますが、病院での検査だけではなく市販の性病の検査キットによる検査も可能です。

治療は、性病によって異なり、抗生物質は、クラミジア、淋病、梅毒などの非ウイルス性感染症を治すことができ、妊娠中に使用しても安全である抗生物質がいくつかあります。

ヘルペスとHIVのようなウイルス感染症は、抗生物質に反応しないため、ヘルペスを治すことはできませんが、分娩開始時に感染を最小限にするために、抗ウイルス薬を処方することがあります。

HIV陽性のしている場合は、可能な限り健康的を保つためにして、赤ちゃんの感染するリスクを軽減するために抗レトロウイルス薬の組み合わせを取る必要があります。